自動車パレードの次は声かけ大作戦だ!

 15日の全県自動車パレードは、4民商6コースの56台79名が参加し、民商をアピールしました。
 この時期は、消費税廃止各界連の自動車パレードが多いのですが、今回は「63年の歴史・実績・信頼 申告の相談は民商で」「政党助成金は廃止せよ!消費税を5%に戻せ!」で民商要求をアピールしました。
 参加者からは、「長い隊列で目立ったな~」「対向車から手を振ってくれた、子どもが嬉しそうに手を振ってくれた」「歩行者がじっと見ていた」など、手ごたえを感じたという元気な報告がありました。草津甲賀は終了後、婦人部のみなさんが豚汁とおにぎりで労ってくれ、参加者は大喜びでした。
パレード終了後、各民商が集会を開き、拡大推進委員長が「明日から申告が始まる。このチャンスを生かして、全会員の力を引き出し、消費税5%へ、税務行政の民主化、倉敷弾圧はね返す強い民商をつくろう」などこもごもに力強い訴えを行ないました。