活動日誌HOME


 



真面目に申告覚えたい!申告要求の入会急増中!
 ☆BAR経営の青年、初めて申告するので悩んでいたところにビラ、そして周りにもすすめられ民商入会!(飲食)
 ☆仕事仲間が申告で悩んでいるのでアドバイスをしてやってほしいと紹介が。役員と対応し、入会予定。(建設)
 ☆大阪会員の紹介。「初めての申告。民商の集計用紙を仕上げて、自信を持って申告したい」と入会。(設備)
 ☆自分で申告していたが、税金が払いきれない。民商で勉強したいと入会。(内装業)

1/29
「消費税増税反対の声なき声」を民商が組織し、中止させよう!
  
 
 国会議員要請行動で、武村展英衆議院議員事務所は、(控え室にも通さず)秘書が廊下で対応。
(代表団は)「昨年4月消費税増税後、景気の落ち込みが著しく私たち業者の 商売やくらしに悪影響が出ている。10%増税になれば商売やっていけなくなる。増税反対に力をかしてほしい」と要請。 
 秘書は「おたくら共産党の支持者でしょ。増税反対を言っているのは、共産党支持者のおたくらだけです。国民の大多数は増税を支持している」と、聞く耳持たず部屋に入って行きました。
 参加者は、「思想・信条は違っても滋賀県民の代表で国会議員に選ばれているのにこんな扱いを受けるとは気分わるいな」と秘書の対応に怒り心頭。それを聞いた秘書は「おたくらこそ気分の悪い人らやな」と暴言を吐く始末。
 初参加の草津・甲賀のHさんは、他の議員秘書は「遠路はるばるご苦労さまです」と労いの言葉をかけてくれたのに、武村議員秘書の態度に、武村議員は秘書の教育をちゃんとしているのか疑わしい。秘書がこんな態度でいいのか。考え方の違いはあっても人間としての最低限のモラルが欠けているのではと、疑問に思うと感想を寄せられています。
 消費税増税に約6割(総選挙後)が、反対しています。中止できるという展望を示せるのは民商です。 

増税なんてありえない学習集会 大津・彦根(両会場とも講師は寺内順子氏)


滋商連商工交流集会講演する全商連の太田副会長