2015年6月4日

県婦協 御中                                 

全商連婦人部協議会

                                        会長 大石 邦子

 「戦争法案」に反対する宣伝物活用について

  安倍政権は、集団的自衛権行使容認を軸とした「閣議決定」を具体化するための「戦争法案」の今国会成立を狙っています。
 アメリカが始める戦争で、日本の自衛隊が「戦闘地域」に行き軍事支援をすることや、武力攻撃されなくても政権の判断で集団的自衛権を発動し、アメリカの先制攻撃の戦争にも参戦するという内容です。
すでに本会議で審議入りし、戦後最悪の憲法破壊がまさに現実のものとなる様相です。数の力での強行は断じて許せません。各地の運動に婦人部の皆さんも力を発揮されていることと思いますが、廃案させる声と行動を早急に強めましょう。
 
すぐに活用できるポスターデータを添付送信します。店や工場、自宅、自転車や車などに工夫して貼り出し、「戦争する国許さない」の意思をさらに広げましょう。データ修正も可能です。自由に活用するよう、部員の皆さんに呼びかけてください。

例です。色を付けてみました。 リンクはPDFファイルになっています。リンクを保存する場合は、リンクを開き、shiftキーとctrlキーを同時に押しながら、Sを押してください。「shift+ctrl+S」です。